理事長ご挨拶

 皆さまには、ご健勝にお過ごしのことと存じます。このたびは、日本検定財団のホームページにようこそお出で下さいました。

 さて、浅草は都内初の世界遺産となった上野の国立西洋美術館や、お隣り墨田区に誕生した634mの東京スカイツリーとともに、東京の一大観光地としてのエリアが拡がり、ますます賑わっています。

 当財団は、その日本有数の観光地であります浅草に本部が有ります。その浅草の空気を吸って、浅草の風を感じながら更にもう一つ、浅草から発信されますのが、待ちに待った"浅草検定"なのです。ご当地検定ばやりの昨今ですが、満を持して浅草検定が産声(うぶごえ)を上げました。

 浅草はますます人々の足音が高く響き渡り、賑わいの中にも幸せそうな顔であふれています。そして、「これで、あなたも浅草通(あさくさつう)」というキャッチコピーのように、浅草の歴史や文化・芸術そして"祭りとくらし"など、真の浅草の姿を“検定”という形で改めて捉えてみるきっかけになれば、この上のない喜びとなります。

 浅草というまちを、より深くそしてより広く客観的な知識として、味わい・理解しながら浅草の魅力を再認識し、そして“おもてなしの心”を持って大きく発信もしながら、まちの活性化と、観光まちづくりに貢献すべく努力邁進する所存でございます。

 就きましては、これからも皆様のお役に立つ情報を御提供する事に努めてまいりますが、浅草検定に対するご理解とご協力を戴きながら、皆様のご健康とご発展を心より祈願申し上げ、ご挨拶に代えたいと存じます。

理事長  小笠原 能雄